リアルにセフレの作り方教えて!一体どこで出会うの?どうやってセフレになってもらうの?

セフレの作り方って難しいですよね。

お酒の勢いで盛り上がってお持ち帰り!というのはワンナイトとしてはありかもしれませんが継続していく定期セフレとなると難易度が大きく違います。

本記事では「継続できるセフレの作り方」を紹介していきたいと思います。

セフレになる女性のタイプ

セックス好きな女性

純粋に性に開放的なタイプです。

元々モテる女性はちょうどいい年齢で落ち着くものですから、このタイプは昔は恋愛に縁がなかったり、自分磨きをして自信を持ったタイプが多いです。

大学デビューで遊びまくるようになった女性もこのタイプと言えるでしょう。

恋愛対象としては最悪ですが、セフレ目的なら最高の相手です。

多少ゴリ押しくらいでいきましょう。

束縛嫌いな女性

恋愛自体に疲弊しているか、既に別の恋人がいて浮気相手を探していることが多いです。

純粋にセックスだけの割り切った関係を求めている辺りが気軽なセフレとして最適です。

ただし既に恋人がいるタイプの女性にはLINEの頻度なども気をつける必要があります。

メンヘラ気質な女性

「愛されたい=求められたい」という方程式が染み込んでいるタイプです。

それが性的対象として求められると自覚していても本人は満たされます。

ネックなのは恋愛感情を持たれてしまった場合です。

軽度なメンヘラでしたら他の男を探すでしょうが、重度の場合はストーカーに発展する場合もあります。

予め日頃の付き合いからどの程度のメンヘラ度かを考えて関係を作っていきましょう。

流されやすい女性

「男運が悪い」と言われるタイプの女性です。

本当に男運が悪いわけではなく、真っ当な男性からも好かれることはあるでしょう。

しかしやはりグイグイと迫ってくるのは女慣れをしたタイプの男性が多く、それを断れずズルズルと関係を続けてしまうことが少なくないです。

しかしこのタイプは自己肯定感が低いことも多く、断りきれない理由もここにあります。

遊び人だろうがモテる男性が自分を求めてくれることに愉悦を感じてしまうことも否定しきれません。

「受け身なビッチになりやすい」と考えていいでしょう。

自己肯定感の低い女性

上の”流されやすい女性”と似ていますが、ここではいわゆる「好きな男性にセフレとして扱われている女性」を想定しています。

女性自身は恋愛感情を抱いているのですが、男性側がそれを都合よく利用しているような関係ですね。

ドラマなどのシチュエーションでよくありますが、そういう女性の恋愛歴はだいたい同じ様な男性を引き寄せます。

このタイプの女性は「恋人になれないならせめてセフレでもいい」と考えている傾向があります。

そういう関係が当たり前になっている女性も少なくないので、気づいたら攻めてみましょう。

簡単に関係に持ち込めるはずです。

セフレにする方法

色々な女性のタイプを紹介しましたが、そんな女性をどうやってセフレにすればいいのでしょうか。

パターンを分けてご紹介します。

「恋人はいらない」と予め伝えておく

一見チャラそうに聞こえるかもしれませんがセフレ作りをゴールとしている場合は効果的です。

あくまでセフレ目的で「セックス好き」「束縛嫌い」な女性達は恋愛関係を面倒だと思っていることが多いです。男性脳に近いと言えます。

また「自己肯定感の低い女性」に対しては予め宣言しておくことでセフレルートに導くことができます。

甘い言葉で誘う

こちらは「メンヘラ気質」「流されやすい」「自己肯定感が低い」女性を相手にした場合におすすめです。

ちゃんと疑似恋愛を錯覚させることで「少なくともセックスの時は恋人みたいに接してくれる」と教え込むことができます。

ただしメンヘラ気質の女性にだけは加減を間違えないように。

あまり過度にやりすぎていざ切ろうとした時に逆上される危険性も考慮しておきましょう。

友達以上恋人未満の関係になる

手間と難易度も高いですが他に比べて確実性も高まります。

セックスだけではなく相手の心の隙間を埋める役割も担当し「他のセフレと違う」というポジションを目指します。

「セックス好き」「束縛嫌い」な女性相手にはセックス以外でも遊びに行けたり恋人のグチを聞いたりなど。

「メンヘラ気質」「流されやすい」「自己肯定感が低い」女性に対してはメンタルケアのような会話やLINEをするなど。

正直「ちょっと気軽なセフレが欲しい」くらいの感覚の方にはオススメできません。

中途半端にこの方向で接したとしても途中でキャラ変更をしたら「この人も他の男と同じ」という烙印を押されかねません。

ですが上手くやれる方なら長期的に関係が継続しますし、もし相手に恋人ができたなどの理由で疎遠になっても、別れてから再度連絡をくれたりすることもあります。

セフレ候補と出会う場所

路上ナンパ

いわゆるストナンというものですね。

見た目とトークスキルとメンタルの強度に自信がある方は試してみる価値はあると思います。

ストナンの道は険しく、途中でメンタルがボロボロになるのが大半です。

全く知らない女性に迷惑そうな視線を送られようと、声をかけてもガン無視されようと、周囲の通行人から白い目で見られようと「絶対にセフレ作る!!」という屈強な意思をお持ちの方はストナンが最短ルートですのでオススメです。

共通のコミュニティ

「社内不倫」などがいい例ではないでしょうか。

大学生やバイト先でも、飲みに行っていい感じの雰囲気になって流れで一度関係を持つ。

そういった”流れ”がセフレ作りには必要不可欠です。

そもそもリアルの人間関係の中でセフレというのは「曖昧な関係」なのですから。

ただし曖昧な関係である以上、他の人間にバレた際のリスクがあります。

社内の人間がセフレ同士なんていいイメージは持たれませんよね。

最悪どちらかがコミュニティから去る恐れもあります。

そうなれば自然とセフレ関係も消滅することでしょう。

マッチングアプリ

ストナンをするほどの勇気もなく、知人にセフレ関係が知られるのにも耐えられない。

ご安心ください、それが普通です。

今時「ネトナン」なんて言葉もあるくらいですから、セフレ目的でマッチングアプリをやっている方も多いです。

マッチングアプリには恋活、婚活、セフレ向きとジャンルが分かれていますが、セフレ目的にはTinderがオススメです。

Tinderの女性のプロフィールには

  • No ONS
  • No hook up

といった英文が書かれていることが多々あります。

これはどちらも「ワンナイト(セフレ)お断り」の意味です。

Tinderにセフレ目的のユーザーが多いことがわかりますね。

まとめ

いかがでしたか。

セフレを作るならマッチングアプリでネットナンパがおすすめです。

女性のセフレタイプを見極めてスマートなセックスライフをアナタに。