セフレを切るには?縁を切ることと、関係の別れ方について

はじめまして。

心理カウンセラーナンパ師のKenと言います。

このページを読んでいただいてありがとうございます。

私自身はナンパ歴としてはまだまだ経験の浅い人間ですが、ナンパ師匠であるWaka先生の言葉も借りながら、私の心理カウンセラーとしての経験と知識も生かしつつ、セフレを切る方法について解説していきたいと思います。

また、この記事に書いてあることは、師匠のWaka先生からの受け売りがほぼ90%ですので、興味を持っていただいた方は、師匠のブログ、またはYou tubeも観てみてくださいね。

参考 40代50代おっさんと20代美女の出会いならWakaのナンパ塾トップページ

セフレ 切る/あなたがセフレを切れない理由


セフレと言うからには、あなたはそもそも身体の関係以上のことを求めていないわけです。

一般的な、彼女や、奥さんであっても、別れたくなって別れるようなことは普通にあります。

理由がなんであれ、別れたくなったら分かれればいいわけです。

「飽きたから別れる。」

でも、全然OKですよね?

なのに、あなたはなぜ、「セフレを切る方法」をインターネットで探したのでしょうか?

それには理由が2つあると推測します。

  1. 情が移ってしまって切れないので、うまいこと相手を傷つけない切り方を探している
  2. 自宅や本名などを知られているので、へたに切れない


ただ、セフレに伝えている情報が、LINEやメルアドのみで、自分を特定できる情報(仲の良い友人なども含む)を伝えていない場合は、最悪ブロックしてしまえばいいということなので、あまり深刻ではありませんね。

そして、個人情報をほとんど伝えずにセフレを持てるという事は、相当な凄腕だとお見受けしますので、今この記事を読んでセフレを切り方を探すという事はなかなか考えにくいです。

そうすると、よくあるケースは、2の「自宅や本名などを知られているので、へたに切れない」でしょうね。

あとは、よくあるケースとして、職場の同僚がセフレというケースです。

こういう場合は、セフレと思っているのはあなただけで、相手はあなたのことを本当に恋人だと思っていたり、既婚者だとしても、いずれ奥さんと別れるものだと思い込ませてしまっているケースも多いでしょう。

もちろん、そうなるのは、相手が勝手に思い込んでいるのではなく、あなたにも責任がある場合がほとんどでしょう。

例えば、

  • 具体的に「好き」「付き合ってほしい」など、好意を伝えている
  • 妻の愚痴を聞いてもらっている


などです。

このような場合で、あなたの個人情報が知られている場合は、そりゃセフレと言えども切るのは難しくなってしまいます。

このような場合、「個人情報知られてる相手に、嘘なんてつくあんたが悪い!」なんていうつもりはなくて、そんな場合にどうしたらいいのかについて、書いていきたいと思います。

セフレ 切る/その気にさせてしまった相手への対処


個人情報を知られてしまっていて、かつ、その気にさせてしまった場合は、ポイントは2つあります。

まず、1つは、女をなめるなという事ですね。

「女をなめるな」というのは、あなたがどんなに上手に嘘をついて、女性をだましたと思ったとしても、女性側はあなたの言葉を信じている振りをしながら、薄々は気が付いているという可能性は高いという事です。

これは、あなたをビビらせたくて言っているわけではありません。

全く逆で、女性側も、あなたが本気でないことや本当は既婚者である事に感づていながら、それでもそんな自分の気持ちに嘘をついてあなたとの関係を続けている事に罪悪感を持っているということです。

つまり、女性側も、あなたの言葉を疑いながら、それを突き詰めることなく関係を続けているという罪悪感がるので、その点をうまく利用して別れるのが得策と言えます。

別れたいと思ったら、今まであなたが彼女に伝えてきたことに矛盾を生じさせることなく、別れの言葉を伝えるという事です。

例え、あなたが、「君のことが本気で好きだ。」と伝えていようとも、「奥さんとは別れるから。」と言っていたとしても、気が変わる事なんていくらでもあるわけです。


なので、あなたの伝えてきた言葉と矛盾することなく、別れたいという事を伝えればいいわけです。

具体的に言うと、

  • 「君のことが本気で好きだ。」 → 「自分の気持ちが変わってしまった。」
  • 「奥さんとは別れるから。」 → 「やはり情がでしまって別れたいという気持ちが無くなった。」


などです。

このように、たとえ嘘であっても、相手も自分も悪者にせず、「仕方のない」という方向にもっていけば、それを本当なのか嘘なのかを証明する手段は相手にはありませんので、相手はこれ以上反撃できません。

そうです、付いた嘘は、責任をもって、突き通せということですね。

このように、嘘に矛盾することなく、嘘の別れの言葉に対して、「嘘だろ!最初から騙していたんだろ!」と相手が詰め寄ってきても、言えば言うほど、相手の方が立場が不利になってしまいます。

だって、こちらは、法律上も、倫理上も、道徳上も(建前上は)悪い事はしていないわけですから。

むしろ、正々堂々としているいい男という事になります。

このように、出来るだけ相手を傷つけないような嘘をついて、きっちりと別れるのがベストです。

ただ、これにはすごく問題点があるのですよね。

セフレと別れるために、いちいちお別れの儀式をしなくちゃいけないなんて、面倒くさくて仕方がないですし、年頃の女性を数年であっても嘘でキープしてしまう事は、少なからず罪悪感も感じてしまいますよね?

なので、今、セフレを切りたいのに、なかなか切れないという問題に陥ってしまったあなたは、今回はめんどうくさい手順を踏んでお別れするとして、次回からはこんな面倒くさい手順を踏まなくてもいいように、弱みを握られないセフレを持つことが大切です。

では、切る時に簡単に切れるようなセフレを持つにはどうしたらいいのでしょうか?

その点について、説明していきたいと思います。

セフレ 切る/簡単に切れるセフレを獲得する方法


ここからは、簡単に切れるセフレを持つ方法についてです。

好きな時にいつでも簡単に切れるセフレを持つには、このような条件が必要です。

  • 女性側も自分はセフレだと認識している
  • 連絡を取る手段を最低限のこと(LINEなど)しか教えていない
  • 共通の知人が一人もいない


このようなセフレを持つことができば、あなたはいつでも好きな時にセフレとの関係を切れるだけではなく、セフレとしてキープして老いても罪悪感を持つ必要がありません。

まさに、Win-Winの関係です。

では、このようなセフレを持つには、どうしたらいいのでしょうか?

先に回答を言えば、「ナンパ一択」です。

それも、ストリートナンパと呼ばれる、本当にナンパらしいナンパでゲットする必要があります。

ナンパでゲットすれば、共通の友人、知人は存在しませんし、連絡先も、あなたが教えなければ、本名すら伝える必要はありません。

また、ナンパでゲットしたという事は、ゲットされた相手は、普通は自分のことを「セフレ」と認識します。

つまり、ストリートナンパは、理想的なセフレを得るのに全く好条件なのです。

というか、むしろ、ナンパ以外で完全にWin-winの関係のセフレを持つことは不可能でしょう。

ちなみにあなたは、ナンパ経験はありますか?

または、ナンパに興味はありますか?

ここから先は、理想的なセフレを持つのに必要なストリートナンパについて、書いていこうと思います。

セフレ 切る/セフレを獲得する為のナンパ


ここから先は、ナンパについてのお話です。

ナンパというと、あなたはどんな印象を持ちますか?

ズバリと言いますが、おそらく、あまりいい印象は持っていないと思います。

というのは、もしあなたがナンパに肯定的であれば、そもそも、セフレを切れずに悩むなんてことは無いと思うからなんですね。

ということで、ナンパをやったことも無く、ナンパに否定的な方向けにナンパについて記事を書いてみたいと思うのですが、おそらくナンパについて誤解していると思うんですね。

一般的な男性のナンパのイメージって、どんなものでしょうか?

  • 若い人しかできない
  • イケメンじゃなきゃできない
  • 女性から嫌がられる
  • 時代遅れの方法


というところでしょうか?

でも、女性から見たナンパ師というのは、男性から見たキャバ嬢やAV女優と同じようなものだと言ったらどうでしょう?

キャバ嬢やAV女優大好きな男性は沢山いると思うんですね。

むしろ、嫌いな人の方が少ないかもしれません。

一方、女性から好きな女性のタイプを聞かれて、「キャバ嬢」や「AV女優」と答える男性はいるでしょうか?

たぶん、ほとんどいないと思います。

ナンパ師についても、同じなんですね。

多分、ナンパ師が好きって答える女性はほとんどいないと思います。

でも、「楽しませてくれる男性」「ドキドキさせてくれる男性」が好きな女性ならたくさんいます。

なので、楽しませてくれて、ドキドキさせてくれるナンパ師であれば、表面上は嫌がっているそぶりを見せても、内心は心惹かれるのです。

世間では、強姦罪で捕まるナンパ師というニュースが流れることがあります。

でもそれは、ナンパ師から言えば、そんな奴はナンパ師ではなく、強姦魔であり犯罪者です。

我々のいうナンパとは、女性を楽しませて、ドキドキさせることを言います。

その延長線上にセックスがあるので、ゲットされた女性は、ナンパ師に感謝し、ナンパ師のセフレに喜んでなってくれます。

それは、ちょうど我々男性が、奥さんがいても、キャバクラいく事やAV見ることが大好きなのと同じです。

それとこれとは別なのです。

これを聞いて、少しはナンパの見方、変わりましたか?

もし変わったのであれば、具体的なナンパテクニックについて、少しかじりだけ書いてみます。

セフレ 切る/女性を喜ばせるナンパテクニック


ここからは、具体的なナンパテクニックについてです。

ただし、ナンパのテクニックについて語りだしたら、本一冊書いても語り切れません。

また、ナンパは知識の問題ではなく、実践によって上達させていくものです。

なので、ナンパに興味を持ったのであれば、本物のナンパテクニックをWaka先生のブログとYou tubeから学んで欲しいのですが、ここではちょっとさわりだけ。

ナンパと犯罪まがい行為は全く別物


先ほども書きましたが、ナンパと、ニュースで流れるような犯罪者として捕まるようなナンパ師とは全く別物です。

それを知らずに、犯罪まがい行為をしては絶対に行けません。

とにかく、ナンパに興味を持ったのであれば、女性を喜ばせ、感謝される本物のナンパテクニックを身につけることです。

ナンパには種類がある


ナンパには、様々な種類があります。

方法によって、ゲットできる女性のレベルやタイプが違います。

一般的なナンパの種類は以下の4つです。

  • オラオラ系ナンパ
  • 誠実系ナンパ
  • 弱誠実系ナンパ
  • 非誠実系ナンパ


これらはすべて犯罪ではありませんし、どの方法も専門にやっているナンパ師の方はいるのですが、最もやってはいけないのは、「誠実系ナンパ」です。

誠実系ナンパというのは、「誠実」という言葉がついていますが、実は非誠実極まりなく、不細工な女性しかゲットできない上に、後からトラブルになりやすいいいとこなしのナンパ方法です。

そして、最もいい女をゲット出来て、かつ女性から感謝されるので後からトラブルになりにくいナンパ方法です。

ただし、とても難しいというデメリットもあります。

オラオラ系は、水商売系の女性に受ける方法ですが、オラオラな雰囲気が出すのが難しい人にはハードルの高い方法です。

ということで、弱誠実系から始めるのがおすすめなのですが、こんな説明では、何を言っているのかさっぱりわかりませんね?

先ほどもも伝えた通り、ナンパテクニックについて、解説をしていこうと思ったら、本一冊書いても間に合いませんので、これ以上知りたい場合は、Waka先生のブログかYou tubeを見るようにしてください。

この記事としては、ここまでとしたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。

続きは、Waka先生のブログ、You tubeを参考にしてくださいね。

参考 40代50代おっさんと20代美女の出会いならWakaのナンパ塾トップページ

セフレを切るというのは軽い関係とはいえ別れ話と似たようなもの。

言い出しづらい方や面倒だと思う方などそれぞれですが、抵抗感のある方は多いかと思います。

そんな「遊びの関係の切り方」をパターン別に解説していきたいと思います。

セフレ 切る/セフレになる女性の特徴

男性の場合は単純に「気軽な性欲発散の対象」と割り切ってしまえますが、女性がセフレを作る理由はなんでしょう。

大きく分けて2通りあります

 セックスが好きな女性

 このタイプの女性は男性思考に近い方が多いでしょう。。

 もちろん母数は多くありません。

 最も関係を切りやすいのはこのタイプと言えます。

 本命になれない女性

 セフレをしている女性がは圧倒的にこちらの方が多いでしょう。

 「好きな男性に都合よく扱われてしまっている」「最初はただのセフレだったのに段々恋愛感情を抱く様になってしまった」など、細かく見ればいろいろなパターンがありますが、総じて言えるのは「恋人になれないから今の関係を維持している」という無理をした形です。

あなたのセフレが後者ならば気をつける必要があるかもしれません。

セフレ 切る/パターン別セフレの切り方

 セックスが好きなセフレ

 このタイプは純粋に肉体的快楽を求める男性の思考に近いことが多く、比較的関係を切りやすい傾向があります。

 もしあなたが関係を切りたい理由が「本命ができた」だとして、それを正直に伝えても素直に受け入れてくれる可能性はあります。

 副産物として、仮に新しい恋愛が破綻してしまったとしても、このタイプとはセフレ関係を復縁できる可能性があります。

連絡先くらいは残しておいてもいいかもしれませんね。

 疑似恋愛を楽しんでいるタイプのセフレ

あなたのセフレにこの傾向があるのなら、前項と同じ「セックス好きなセフレ」に分類したとしても、少々気をつける必要があります。

 そもそもそのセフレはあなたを通して「疑似恋愛を楽しんでいる」のです。

 一時的な恋愛感情を抱いているのです。

 このタイプの多くは「満たされない女心」を抱いている可能性が高いです。

 「他の本命に手が届かない、けれど愛されたい」など、もっと言えば「メンヘラ傾向がある」とも言えるかもしれません。

 そんな女性からしたら例えセックスの最中だけとはいえ疑似恋愛をしていた異性が離れていくのは名残惜しいでしょう。

 このタイプは自己主張が弱いことも多いので、「関係を終わりにしたい」というあなたの意思をハッキリ伝えることが大事です。

 ただし「本命ができた」などの他の女性関係を理由に持ち出すのは避けた方が無難かもしれません。

 恋愛感情を向けてきたセフレ

 「はじめは気軽な関係だったのに段々恋愛感情を抱いてしまった」というパターンは結構多いです。

 直接好意を向けてくるというより、言葉や行動の端々に恋心を含ませてくると少々心が傷んだりしますよね。

 男性目線から語れば「そういう行動自体が距離を置く理由になってるんだけど・・・」という方も多いのではないでしょうか。

 いずれにせよ「セックスの対象ではあるけれど付き合う気はない」というセフレから恋愛感情を向けられたら面倒と思うでしょう。

 相手の気持ちに気づいていながらも関係を維持できる勇者はそのまま頑張ってください。

 耐え難い方はしっかりと切りましょう。

 このタイプの場合は「付き合う意思は無い」とハッキリ伝えてしまうことが大事です。

好意を持たれていることが原因で関係を切りたかった方はこれだけで効果的です。

 曖昧にしていると相手から不意打ちのアプローチが来たりして気まずくなる可能性もありますからね。

 むしろ付き合う意思が無いことをハッキリとさせておけば相手はそれ以上近寄れませんので、「それでもいいから今までどおりセフレ関係を続けたい」と相手から寄って来た際に関係の仕切り直しをすれば都合のいい関係は継続できます。

 それとも好意を抱かれた時点で冷めてしまった方は、「付き合う意思は無い」にプラスして「恋愛感情を持たれてしまったから曖昧な関係を続けられない」とハッキリ突きつけましょう。

 女性自身も「自分の気持ちを誤魔化せない」という意識もあれば、今の状況は自己責任として理解してくれるでしょう。

 片思いから始まったセフレ

 「そもそも自分に好意を向けていることを理解していながら都合よく利用して成立した関係」がこちらに当たります。

 この関係に陥る女性は相手に流されてしまったり、現状に甘んじる意思の弱さが目立ちそうです。

 このタイプの女性との関係性は2通りに分けられます。

 ひとつは「恋心を都合よく利用されていることを受け入れている女性」。

 もうひとつは「セフレだとしてもその他大勢より特別な扱いを受けている」と考えている女性。

 前者であれば関係を切るのは比較的簡単です。

 「本命ができた」と言ってもいいですし「もう終わりにしよう」と曖昧なまま終わらせても問題ありません。

 受け身の女性は都合よく相手の言うがままなっている時点で自分を納得させるスキルが見についてしまっているので、大きな問題にはならないでしょう。

 問題なのは後者です。

 こちらは自分を「特別視」してしまっているため、いわゆる「彼女面」という言葉が当てはまるかもしれません。

 そんな彼から別れを告げられたら揉めることは明白でしょう。

 なにより前者と比べ自身を特別視できるだけの厚かましさがある分タチが悪いですね。

 最悪の場合はSNSなどで嫌がらせにも発展する可能性があります。

 なのでできるだけ穏便に関係を切ることが大切です。

 意識すべきは「キミだけを切るわけではなく曖昧な女性関係をすべて断ち切りたい。」という、マイナスな特別視を感じさせないことが大事です。

 理由は仕事でも夢でもなんでもいいです。

 「女性より大切な目標ができた」というスタンスの方がスムーズに言い訳を作れると思うのでオススメです。

 友達以上恋人未満のセフレ

 あなたが関係を切る理由が純粋に「本命ができた」というようなものなら、このタイプが最も心が痛むかもしれません。

 まずのこのタイプは「友達のように気を許せる」かつ「普通の友達には見せられない面も知っている」という点で既に信頼関係が厚いものかと思います。

 自分が大きく信頼している分、相手からの信頼も同等のものだと考えるでしょう。

 そんな時突然関係を終わりにしたいと言われたらどう思うでしょうか。

 まず「そんな簡単に断ち切ることができるものだったんだ」とショックを受けるでしょう。

 最悪の場合、関係を切ってから女性側がそのショックを恋心と勘違いしてメンヘラ化してしまう、といったケースも想定できます。

 このタイプの最も平和な対処法が「自分を応援する側として味方につける」が無難かなと思います。

 恋がしたいとか、彼女ができたら曖昧な関係はよくないかなとか、気になる人はいるだとか、自分の内面を吐露させておくことで女性に意識させることです。

 本来自分と身体を重ねる女性には例えセフレでも恋愛相談など失礼極まりないですが、そこは「友達以上」という面も相まって協力してくれる方は少なくないのではないでしょうか。

 しかし念の為、「恋人ができたらこういう関係は終わりにする」というのは相談の後半で伝えた方がいいかもしれません。

 でないと「自分の大切が奪われる」という思考にシフトされてしまっては困りますからね。

 余裕があれば相手にも恋活を勧めて、二人でそれぞれ恋愛相談をする仲になるというのもありかもしれません。

 女性には可能性のひとつとして「しばらくは会えなくなるだろうけど落ち着いたら会おう」という旨を伝えておけば女性側も安心して背中を押してくれるかもしれませんね。

セフレ 切る/やらない方がいいこと

 ブロック・着信拒否

 これは最も避けるべきです。

 メンヘラや面倒な女性ならなおさら。

 家の場所や勤務先、学校などを知っている場合どこから不意打ちされるかわかりません。

 話を拗らせないためにも、あなた自身が話のできる状況を作る必要があります。

 本命の話をする

 場合によっては効果的ですが、大抵の場合は悪手でしょう。

 自分を性の対象として見ている相手が、別の同性を選ぶと言っているのです。

 性的魅力で敗北したと突きつけられているようなものです。

 気をつけましょう。

 中途半端な切り方

 「中途半端な余裕を残してフェードアウト」というのは距離を取る際にも有効です。

 ですが相手が恋愛感情などを向けて面倒なって来ている状況であれば別です。

 感情の問題の場合は「ハッキリと伝える」ことが大切です。

 女性が理屈より感情が上回ってしまっているのであれば、その女性のどこに魅力を感じて、どういう関係でありたいか、ハッキリと言葉にすることで感情が整理されるかもしれません。

 その場合中途半端な優しさは控えましょう。

セフレ 切る/まとめ

いかがでしたでしょうか。

大抵の場合は「ハッキリ伝える」と「異性を理由にしない」が大事かと思われます。

それと「セフレがメンヘラ気質かどうか」も大きな違いですね。

セフレを作る時点からしっかりと見極めていきたいですね!